許容できる失敗を繰り返す

生き方・考え方

どうも、はゆりんです。

さて、最近学んだ言葉で感動した言葉があるので書きます。

アフォーダブルロスって知ってる?

これは許容できる失敗のことです。

「新入社員は失敗してもよいが、中堅以降失敗は許されない」

この言葉、会社員のときによく言われました。

でも失敗が許されないってどういうことなんだろう?

初めてやることであれば、若手だって中堅だって失敗する可能性あるだろうし、

社長も失敗することあるじゃんって思ってました。

スナック西野を見て気付いた

尾原和啓さんが出演されている回を見て、ストンと落ちました。

【尾原和啓×キンコン西野】新作はすぐコピーされる キックスターターの悲劇

ちなみにメンバーシップになると、このあとの40分程度の動画が見れます。そっちの方が勉強になります。

昭和の時代は完成品が求められており、失敗しない人がどんどん出世していく。

モノが足りない時代は「何だこれ?」という商品よりも、人々が求めるモノを着実に再現していく人が求められました。

つまりそういう人が新入社員に言うことは何か

「新入社員は失敗してもよいが、中堅以降失敗は許されない」

になるわけですね。

今大切なことは

イノベーションとか言われますが、

新しいモノを創るためにはトライ&エラーが絶対に必要です。

昭和の時代も当然ながらトライ&エラーがあったから様々なモノが生まれたのでしょう。

ただし、根底にあるのは成功という絶対的な目標です。

アフォーダブルロスとは、

様々なことを試す際に、許容できる失敗を受け入れ、意思決定の材料にしていくものです。

失敗前提でその上で起きたことをデータにする。

その結果、イノベーションが起きる(かもしれない)ということです。

完成品がたくさんある時代、必要なのはこのアフォーダブルロスで得られることだな〜と改めて思いました。

皆さんも自分のなかのアフォーダブルロスを決めてチャレンジしましょう!

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました