【営業の心得】気をつけるべきたった1つのこと

マネタイズ のヒント

こんばんは、はゆです。

営業=何かを売る、契約するというイメージがありますが、これが違うんです。

営業とは「悩み解決を提案する」仕事です。

ね、目からウロコでしょ!

収益自動化くん:たつみんさんの動画で拝見した言葉です。

3つだけ!必要のない失敗をしないためのポイント【死ぬほどしてきた失敗をシェアします】

これは言われてみれば確かになー!と思いました。

僕はフリーランスになる前に訪問診療の営業を行ってました。

訪問診療は外来診療と違って、きちんと契約をした(相手の同意を得た)状態で行われます。

「先生、具合が悪いから見に来てくだせえ!」

「あいよっ!」

なんてのは現実にはありえないのです(空想の世界でもこんな言葉使わないと思いますが笑)

とにかく自分たちの病院を知ってもらい、患者さん(または施設)とマッチしたら訪問診療開始となるわけです。

営業をやってる時に「相手の悩みに寄り添って」いれば・・・と悔やんでもしょうがありません。もう辞めちゃいましたから( ^∀^)

とにかく「うちの病院と契約してほしい」この思いが先行し自社の病院をアピールしまくってたのを思い出します。

1件、辞める前に契約ができそうな施設がありました。

その時は「ほかの先生が訪問診療をしてくれなくて困っている」というものでした。

「うちの病院であれば訪問診療をするし、具合が悪いときは往診に来ますし、必要な時は専門科に紹介します」

ごく当たり前のことですが、相手に伝えたときにとても安心され感謝された記憶があります。

これは「うちの病院を売る」の前に「相手の悩み解決を提案」できてますよね。

結局、この施設が契約に至ったのかはわかりませんが、ゴリゴリにうちの病院を押すのではなく「解決する方向」に向かって行った結果この反応だったんだなと思います。

営業は「売るではなく、悩み解決を提案する」仕事

今更ながら思いました。

ネットビジネスにおいても同じ。

相手が今困っていることに自分は役に立てないか、これがビジネス成功のカギです。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました