【マネタイズ の方法】とにかく分析が大事だ

マネタイズ のヒント

どうも、はゆです。

えんとつ町のプペル、2回目見に行きました(笑)

何度も見たくなりますね。プペル。

ロザリーナ 『えんとつ町のプペル』Music Video

このエンディングが本当に良い。この曲を作った西野さんは天才です。

今ツイッターでは「プペる」という言葉が一部話題になっています。

プペルの映画を見ることは「プペる」

僕は2プペるです(笑)

強者は1日に6プペるした方もいるそうです(ちなみにYouTube講演家の鴨頭さんです笑)

さて、今日は「分析」について書きます。

「価値」とは人が求めるものである

まずマネタイズ →お金にするの前提ですが「人が欲しい!!」と思うものじゃなければお金は発生しませんね。当たり前のようで稼げない人が陥るパターン。

例えば「100円のおにぎり」を買う時に100円を払っても手に入れたいと思う(価値がある)から買いますよね。

そしてどんな人が買うのか。

①今お腹が空いている人が買う
②そのおにぎりに好きな具が入っているから買う
③小腹が空いた時のために買う
④朝、出勤時にお昼ごはんのために買う
⑤独身の人が買う

ま、もっとあると思いますがこういう人を対象に「よし、iPhoneを売ろう!」とはなりませんね。

これがペルソナ設定です。本当はもっと細かく設定しますけどね。例えば年収がいくらとかどこに住んでるとか。

で、生きている限り上記のペルソナは必ず存在します。
ではこの市場に突入して稼ぐことはできるかというと、まぁ正直難しいかなと思います。
何故ならこの市場にはもうたくさんのライバルがいるからです。

参入するかどうかは個人の自由ですがそこにある需要と供給がすでに完結している場合、あらたに供給するのは難しい。
なので価値そのものはあるけれども、自分が提供できるものに新たな価値が提供できるかは不透明です。

稼げない人はここを理解せずにやっちゃうパターンが多いですよね。

いわゆるレッドオーシャンな市場に行っても厳しいです。

人が価値を求めるもので、いかにブルーオーシャンの市場を探すかが重要ですよね。

市場価値がどこにあるのかを見誤ってはいけない

もう少し別な視点での分析を。

エルメスのバーキンとかいうバック!これはバックそのものに価値があるわけじゃないですね。「エルメス」というブランドに価値がある。
だからバーキンよりももっと性能の良いバックはあるだろうし、もっと安価なバックは山ほどある。

しかしバーキンを持ちたい人も山ほどいる。それはバーキンを持っているという市場価値があるからですね(まぁ本物見たことないから知らんけど笑)

あとそれから洋服!

YouTuberのヒカル氏プロデュースの「ReZARD」これは服そのものの質と料金が安価なこともあり売れているようですが、売れる理由は「質がよくて安い」ではありません。仮に同じものを僕が作っても絶対に売れません。売れる理由は「ヒカル」というカリスマに価値があるからです(僕はヒカル氏が大好きです)

ReZARD
アパレルブランドReZARD 着心地の良さを追求し、こだわりを持った上質な生地をシンプルかつラグジュアリーなデザインに

なのでこれからは影響力のある個人のブランドを冠したものが売れる時代です。

洋服はなきゃならないものですが、それだけでは「価値」にはならないのです。

だから個人が影響力をつけることは非常に重要だと思います。

人が求めるものはそんなに変わらない

実はこれが最も大事なことが思うのですが実は人が求めることって昔から変わらないと思うのです。

例えば音楽。心地よいと感じるメロディーはすでにバッハやモーツァルトが生み出しているんです。新たなメロディーを生み出すのはどうでしょう、至難の業だと思います。少なからずドレミで表す音楽は。

ではどうしてこうも新曲が生まれるのか。
それは既存のメロディーラインに新たなリズムを掛け算してあげるからです。

これで新しい音楽が生まれます。
新曲と呼ばれるものも紐解けば何かのメロディーと同じでキーを変えたりリズムを変えたりしているだけです。

つまり「シンプル」であるべきです。

人が価値を求めるものは実は昔から変わりません。
無理に新しいものを生み出すのではなく、既存のものを組み合わせる。これが市場価値を生み出します。

歴史は繰り返すって言いますしね。

なので新しいものを生み出すことを考えるより人々に愛されたものを追求して掛け算する方がよっぽど価値を生み出せます。

終わりに

さてさて、最後にまとめますが、

①市場価値は至ってシンプル。どこに、なぜその価値があるのかを追求するべき
②市場価値は者よりも人にある。影響力を持つべし。
③市場価値は昔から変わらない。もともとあるものを徹底的に追求し掛け算せよ。

ですかね。そして何よりも大事なのは実践(行動)することです。

分析しつつも大切なのは打席に立つこと。どんなにホームランを打つ研究をしてコツや必勝法を思いついても打席に立たなければホームランは打てません。というかヒットも打てませんね。なので「分析」しつつ「打席」で検証する。この繰り返しです。

諦めたら試合終了です。諦めるその時まで貴方には才能があります。頑張りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました