【発見】時代はループする

生き方・考え方

どうも、はゆです。
いきなりだけど、「はゆ」って音声配信してから結構言いづらいことに気付いた(笑)
しかしなーツイッターもブログも何もかも「はゆ」にしてるから今さら変えるのも大変だしなー。ってことでこのままで行きましょう。

ビジネスで成功している方たちのコメントを紹介したりしなかったりしてますけど、なかでも僕が「先行者優位」はもう絶対的な価値観だと思ってます。

エレキギターはフェンダーかギブソン。
アコースティックギターはマーチンかギブソン。

アコギブランドの代名詞であるマーチンってさ、1833年創業なのよ。
1833年って日本だと天保4年っていう、いつだよってぐらい昔です。

(出典)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%B5%B7%E9%81%93%E4%BA%94%E5%8D%81%E4%B8%89%E6%AC%A1#/media/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Hiroshige_le_pont_Nihonbashi_%C3%A0_l’aube.jpg

Wikipediaによると、歌川広重という人が↑を書いた年だそうです。というか、日本はこの時代ね。この時代にマーチンが創業してるわけです。

マーチンのギターについては以下の動画をご覧ください。
新潟にあるイカした楽器屋「ギターフロンティア」の店長ゲイリー鈴木氏による素晴らしい動画です。

Martin OOO-28 EC 2000年製 エリック クラプトン モデル

もう200年近く前に創業した会社が現代のアコギ界のトップなわけですよ。
少なくても僕が生きている間に変わることはないだろうなぁ。

完全なる先行者優位です。

各ブランド追いつけ追い越せでやってるけど、それが今のところできないわけ。

あ、ちなみに私はアコギはギブソン派ですが(笑)

いやいや、今日はギターの話をしたいわけじゃありません。

タイトルにもある通り、時代はループするについて書きます(前置きが長すぎ)

誕生→最先端→影をひそめる→また注目を浴びる

インターネットの世界は別として、世の中に出回ってるものってもう出尽くした感があるよね。
音楽なんてまさにそうで、今から誰も聞いたことのないメロディーを作るなんてもうツチノコを見つけるより難しいんじゃないかと思います。

それぐらいもう出尽くしている。だけど今日も新曲が生まれているわけで。
すでに既出のメロディーを組み合わせて、それが新しい音楽となって世に出回るわけです。

しかも「この曲いいなぁ〜」って思う曲は大体昔に聞いたことのあるメロディーのフェイクだったりする。

それが悪いのではなくて、それが正しいのです。今から誰も聞いたことのない音楽を作っても逆に気持ち悪いと思う。鍵盤で表現できるメロディーはもう出尽くしている。

余談だけどアイヌの音楽は鍵盤では表現しづらいね!

くもの女神 – ヤオシケプ カムイ – アイヌ語音声日本語字幕

ものすごい耳に残るメロディー…まぁでもヒット曲とは違う部類ですね。

今日はよく脱線するな(笑)はい!もどします!

もう結論言います。
AKBのようなアイドルミュージックがいま下火になっているので、この後はまたバンドブームがきます。

しかもコロナ禍でみんなストレスが溜まっているので、キレッキレッのギターサウンドのバンドブームがきます!

どんなバンドだよとお思いの方、BOOWYみたいなバンドがくる!(と思っている)

フォーク→バンド→アイドル→バンド→アイドル→バンド?

完全に的外れだったらすいませんw

人が好きなモノは大体おんなじ

完全なる先行者優位は難しいです。
なので、みんなが飽きてきて忘れかけているところにビジネスチャンスがあると思います。

と言ってる私はまだビジネスチャンスを掴めていません!(だったら言うな笑)

みんな今日も頑張ろう!

Yeah!

コメント

タイトルとURLをコピーしました